スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
きのうみたゆめ。
きのう見た夢。


(実際には一昨日見た夢…かな?)

なんだか衝撃的な夢だったのでカタチに残したくて

書きます(^^)そしてちょっと脚色も★

****************************************************************

「僕の名前」

荒野に住む一人の悪魔が今日も山の上にある

たまり場へと出かける。

黒い羽根を羽ばたかせながら。

山の頂上にはボードみたいなものが置いてあって、

彼の今までの経歴みたいなものが記してある。

彼はそれを毎日見に来るのが日課となっていた。



そこに書きしるされたのは、

彼が今までやってきた、数々の愚行、

残酷な事件、嘘の数々、そして、

趣味の酒やタバコ、友人関係、恋愛歴など様々だ。



彼がこうして毎日のようにこの場所に訪れるのには

ひとつ、理由があった。

そこに書かれている彼の過去の出来事と同時に

彼はその時々の自分自身の感情や想い出が

自分から剥がれおちるように無くなってゆくのを実感していたからだ。



自分のしてきた事、感じてきた事、

彼の頭から、ココロから殆どが消えてしまっていた。

確か楽しかったはずの事も、幸せだったはずの事も。



そして、今そこに立つ彼と、昔の彼と

大きな違いが有った。





彼は昔、「人の痛み」や「人の暖かさ」というものを

殆ど感じてこなかった。



誰かが血を流しても、涙を流しても、心が抉れてしまう位に傷をつけたとしても、

彼の心には「痛み」がなかった。





ある時、彼は、世界が全く別の顔をしている事に気付いた。

それは些細な事の繰り返しだった。



自分が周りの人と何かを「共有」し合ったり

「分かち合ったり」する事を知らないままでいた事に気付いた。

それは、ほんとに小さな出来事の繰り返しで

最初のうちは何が起きているのかすら気付けずに

違和感を感じながら日々を送った。



何処か、他人とずれている自分。

沢山の笑顔の中にいない自分。

独りで孤独を愛している自分。

言葉を上手く紡ぎ出せない自分。

相手の心をくみ取れない自分。





彼はそれまで、沢山の経験をしてきたのだが

そこにはいつも「自分」しか存在していなかった。





それから、しばらくの日々が過ぎ、彼は自分の体に

変化が起きていることを知った。

翼が開かないのだった。

そう…飛べることが出来ないのだ。

「どうして・・・」

彼は混乱する。



羽根を羽ばたかせて凄いスピードで山までひとっとびだったはずが

今ではそれが出来ない。

それだけではなかった。

彼は、少しずつ、少しずつ、「言葉」を失っていった。

頭の中では声がするのに

外へと言葉が出て行かなくなってしまった。





ある日、彼は手と足を使い自力で山まで登って行った。

そして頂上に有るボードを見つけ

そこにあったものは



彼の昔の写真と今の写真の2枚だった。

彼は複雑な顔をしてその写真を見比べていた。

昔の写真の彼は何処か華やかでキラキラしているように見えた。

そして今の写真は、顔の瞳と眉の間に何処か闇が見え隠れしていた。

彼は混乱する。



今、自分に起きている変化と、

この写真の2枚。

一体これはどうゆう事なのか。





そこへ一人の天使が舞い降りた。

「ねぇ、キミ、キミはさ、もう知ってしまったんだよ」

彼はその天使の言葉の意味が判らなかった。

「え?知ってしまったって…何を?」

天使はすかさず彼に言う。

「痛みさ。」



彼は呆然とした。

痛みとは・・・どうゆう事だ。

いや、どうゆう事だ、ではない。

確かに、そうなのだ。





以前と同じ行動をしていても、彼の心の中には

「痛みを感じる心」が生まれていた。

自分自身の痛み、そして自分が感じる誰かの痛み。





天使は続けた。

「だからキミはもう・・・その翼じゃ飛べないのさ」

天使は少し楽しそうに話していた。

彼は何故そんな言葉を笑顔で話すのか理解に苦しんだ。



「キミはもう、人間になってしまったんだね」

天使は今度は笑わずに、一言一言をゆっくりと発した。



「…人間」

彼は目を見開いた。

天使は真剣な顔で言う。

「そうさ。キミは・・・生まれたんだね。」





しばらく沈黙の時間が過ぎ、

彼はそれがどれだけ自分にとって大きな事なのかを理解した。

そして大粒の涙をボロボロと零した。

「ボクはもう飛べない。言葉も忘れて行ってしまう。

ボクは、ボクはどうしたらいいんだ」

天使は彼を見つめてそっと呟いた。



「生きるんだ。新しい自分として」





すると彼の背中にあった黒い羽根は

みるみるうちに消えてしまった。

「生きるんだ、そして見つめるんだ、今を

これからを」

そう言って、天使は何処かへ消えてしまった。





独り取り残された彼はうな垂れていた。



空はどんよりとしたいつもの曇り空。

今にも雨が降りそうだ。



そして彼はつぶやいた。



「ねぇ、神様…。ボクは何者ですか?」

変わり果てた自分の体をきつく抱きしめながら

空を見て言った。





空は何も返さない。





そして彼は思った。

生まれた時から名前の無い自分。

過去の記憶も殆ど無い自分。

そして変化した心。



彼は自分が何者でも、

何かが欲しかった。





そうそれは、名前。



「ああ・・・、どうか、僕に、名前を…

名前を下さい・・・」



彼は灰色の空に向かって言った。





そうそれは彼が「生まれた日」。



悪魔が人間へと還った日。







やがていつか、彼は自分で名前を見つけ出し

歩いてゆく。



今まで知らなかった気付けなかった沢山の事を

体験しながら、限られた命の中で

彼は生きてゆく。
スポンサーサイト
【2009/02/24 01:30】 | きのうみたゆめ。 | トラックバック(0)
NEWカテゴリーを追加してみました。
下で書いた夢日記、せっかくなので、ちょこちょこつけてみようかな~って思います。
なんかちょっとした楽しみにもなるので、
私だけが楽しいかもですが;


昨日の朝方に見た夢は、
約一年前に家出をしてしまった猫のチョコさん。
何度も何度も出てきて、それがぽってりした後姿で
エサ箱の横で座ってる姿と、
何故か父には懐いていなかったチョコだったけど、
昨日の夢の中では、おとんの顔に両手の肉球をあててました。

ぅーん、もういっこ、起きたばかりの時は鮮明に覚えてた夢があったけど、忘れてしまった(T_T)
どちらも、「過去」と「今」を結ぶような夢でした。

あ!思い出した!
前の職場の、大掃除をやっている夢だったんだ。
CD売り場なのに、観葉植物とか、鳥の置物があったり、
不思議な空間だった。


昨日の夢は、そんな感じかな。

こんな感じで、覚えてる範囲で書いてみよう(^-^)♪


追記:これまたせっかくなので。
何度も何度も、同じ場所、同じ景色、同じ色の夢を、
繰り返し見るのは、きっと何か意味があるのかな?
かなり昔から、見続ける夢が在るので書いておこうかな。

左側に、大きな湖があって、その湖沿いに、囲むように続く道があって、道の右側が、大きな崖で、上が見えない位高くて、
崖には緑が覆ってて。
その道に私(らしき人物?)と、数人、みんな女性なんだけど、
色白で、金髪で、真っ白いドレスみたいなのを着てて、
何かをしきりに話してて。

目の前に、通りをふさぐように(?)たたずむ岩があって、
その岩の目の前で、みんなで何かを相談してるような。

でもその岩は道をふさいでいるのか、もともとそこにあるのか、なんだかとっても神聖な感じがするのは確かで。

そんな夢を不定期に(最近は見ないけど)見ます。


あんまり関係かいかもだけど、かなり高熱が出た時も、
真っ白い画面の中に、大きな岩が出てきて、その岩を、綱みたいな鎖みたいなので、縛り続ける(その感覚がものすごく苦しい)夢を見ます。これも、決まって見る夢だなぁ。

私は何か岩(石?)に縁が有るのかな?


あとよく見るのは、小学校。学校の体育館。下でも書いた昔住んでいた家。不思議なのは、中学校や高校の方が最近(でもないけど;
なのに、もっと昔の小学校や小さな頃の記憶の断片的なものの夢の方が多く見ること。

なんか、この日記書いてて思ったけど、
人の脳って、こんなに小さいのに、不思議だ!
…と、いうか、「記憶」って、不思議なものですね。人間の脳より、パソコンの脳のがもっと小さいけど;
人間だから、不思議だ。
頭の中に時空が在るんだなって。←なんか自分で書いてて意味不明になってきた。

なんか長い日記になっちゃった。
こうゆう夢の話とか、面白くて止まらないですね☆
【2007/04/05 02:08】 | きのうみたゆめ。 | トラックバック(0)
深夜に。
今晩和。
今日は、何を書こうかな~と、思いついたのが、
夢日記。

夢は頻繁に見ます。

寝ることが、最近、凄く好きで(笑)
うたた寝も好きだし、ゴロ寝も好きだし。
あと、布団に入る時は、
「もう、ダメ…限界仁くん」と目がショボショボしてくる位の
眠気がやってきてから、気を失うように寝るのが好き(?)です(笑)
そのストーンと睡眠に落ちる瞬間がいいというか。アップロードファイル


夢は、朝方に見る夢を比較的覚えているみたいで、
昨日の朝方見たのは、昔、今の家に引っ越してくる前に住んでいた家の、庭。
そこに沢山(?)の人が列を作っていて、並んでいます。
列の先は、なんだろう。
なんかみんながワクワクしていて。

その先には、ウチの庭の中のはずなのに、何故かとっても大きな建物が。その会場(?)に入ると、入口がふたつあって、
左側は、違うイベント(?)が。右側の入口で、「当選者の方はこちらです~」と係員の人が(笑)どうやら招待イベント。

中に入ると会場は白い階段状の床に50個位のパイプイスが。
パイプいすが並ぶ、目の前(ステージ?)には、
トーク用のセッティングで、手前に二つ、奥に机とイスが3つ位。

私は、前から5列目、真ん中に座りました。
この狭い会場で何が始まるんだろうっ!とワクワクはーと3つしている所に、
私や、会場の、みんなが知っているいろんなアーティストが登場しました。

(↑でも、それが誰だったのかを、忘れてしまった/爆。)


いや…夢にしては、凄い高揚感サ」でした。
……ってなんか、無駄に細かいところまで覚えてるけど、肝心な所覚えてない!ってことに、今、これ書いてて気づいた…猫 泣き



あと、もういっこ。凄い意外なカップリングの夢を見た。
…それは、ヒミツです(←…。)
あまりの意外性にドキドキしたことを書きたかったのでした。
って、ホント有り得ないから(>_<)私の頭の中の辞書(?)には無いハズでドキドキした…。


そういえば、かなり前の日記では、頻繁(?)に
夢日記を書いてた気がするけど、この日記では初でしたアップロードファイル

これからちょこちょこ書いていったら、
新たな自分の潜在意識が発見できるかも(笑)


さて、4月に入って、これから、色んなLIVEやイベントが待っています。どのLiveやイベントも楽しみだなちな♪

【2007/04/04 02:54】 | きのうみたゆめ。 | トラックバック(0)
日々記。


更新記録、日々の日記など。

MOON

PR

亜月

Author:亜月
音楽が好き。音楽が好き。音楽が好き。
絵が好き。絵が好き。漫画好き。
ARTが好き。
思うがままに、言葉を綴るのも好き。
猫が好き。自然が好き。
地球が好き。宇宙が好き。
蠍座、A型。

愛と共に。

☆FIGHT NIPPON!!!☆

Date

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

LINK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。